2017年10月22日

第446回 標準化による多店舗化



今回も、中小企業診断士の山岡雄己先生にお越しいただき、山岡先生のご著書「飲食店『のれん分け・FC化』ハンドブック」の中から、飲食店の経営ノウハウについてお伺いしていきます。

山岡先生によれば、ホール上がりの人と、キッチン上がりの人では、ホール上がりの人の方が、飲食店を開業したときに成功する確率が高いそうです。というのは、キッチン上がりの人は、職人気質の人で、おいしい料理を作れば繁盛するという思い込みに陥りがちになる一方で、ホール上がりの人は、接客、売上管理、店の雰囲気づくりといった店舗マネジメントの経験があることから、成功につながりやすいと考えられるということです。

この続きは番組をお聴きください。






飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

第445回 リーン・スタート・アップ



今回から、中小企業診断士の山岡雄己先生にお越しいただき、山岡先生のご著書「飲食店『のれん分け・FC化』ハンドブック」の中から、飲食店の経営ノウハウについてお伺いしていきます。

山岡先生は、飲食店の多店舗化は、リーン・スタート・アップを基本とするとよいということでした。リーン・スタート・アップのリーンとは、無駄のないという意味でリーン・スタート・アップとは、小さく事業を始めて、仮設・検証を繰り返しながら、事業を広げていくことが大切だということです。

この続きは番組をお聴きください。






飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

第444回 受け入れるのではなく受け止める



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員への承認によるモチベーションの向上についてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、新入社員へは「存在」「行動」「成果」の承認をするとよいということでした。存在の承認とは、新入社員が会社の一員であること、社会人であることを会社として認めてあげるということです。行動承認とは、新入社員が指示されたことをきちんと行動を起こしているということを認めてあげることです。成果承認とは、当初は、なかなか顕著な実績はあげられませんが、行動の結果として現れた細かな成果を認めてあげるということでした。このような承認をしてあげることで、新入社員の士気を高めることが大切だということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

第443回 反省会ではなく改善会



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員への入社3か月目の注意点についてお尋ねしました。

後藤先生は、人は他の人から認められたいという欲求、すなわち承認欲求があるので、新入社員に対しても、この承認欲求を満たすことができる機会を与えることが大切だということをご指摘されておられます。その機会として、後藤先生は人事評価制度に基づくリーダーと新入社員の面談をお薦めするということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

第442回 新入社員へのメンタルケア




今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員へのメンタルケアについてお尋ねしました。

後藤先生によれば、新入社員は、入社直後の4月の間に緊張が溜まり、5月のゴールデン・ウィークを過ぎると、気が抜けて退職したくなるという人も現れやすくなるということです。そこで、5月に入ってからは、新入社員のメンタル面を支えることが大切になるそうです。具体的には、5月になって、新入社員が孤立していないようにするとよいということです。孤立というのは、独りだけにするというだけでなく、仕事の依頼だけをして、その後の確認をしないということも孤立していると考えなければならないということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

第441回 新入社員との関係構築



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員との関係構築についてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、リーダーこそ報連相をすべきと考えておられるそうです。リーダーは新入社員の仕事の状況や悩みなどを知ることで安心したいと思うから、新入社員に報連相を求めます。これと同様に、新入社員も会社で何が起きているのか、リーダーはどういうことに悩んでいるかということを知ることで、安心感を得ることができます。したがって、リーダーも新入社員に報連相をすることをお薦めするということでした。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

第440回 受け入れ態勢の整備



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備についてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、新入社員の方に定着してもらうためのツールとして、会社理念に対する同意書を用意することをお薦めしているそうです。新入社員にこの同意書に署名してもらうことで、会社の理念を入社の前に深く理解してもらうことができるという利点があります。さらに、この同意書を作成する段階で、作成する側の現在勤めている従業員たちの思いを改めて確認できるという効果もあるということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

第439回 定着のためのしくみづくり



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員を定着させるためのしくみづくりについてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、経営者の方の苦労談は新入社員の前でしない方がよいということでした。経営者の方は新入社員にがんばって欲しいという思いで、自分自身の成功例などを話そうとしますが、かつての成功体験は必ずしも現在も通用するとは限らないし、また、最近は残業が奨励されない傾向になってきていますので、そのような働き方を強いていると受け止められかねない内容の話は新入社員の前で話をすることは得策ではないということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

第438回 社員が辞めようかなと思う瞬間



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員を入社後に定着させるための注意点についてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、自社のホームページに掲載されている、雇用条件や待遇については、定期的に更新することが大切だということです。新入社員は、ホームページに掲載されている条件で働くことができると思って入社した後、実際には給与の額や休日の条件が異なっていると、会社に対して不信感を持ってしまい、退職する動機になってしまうということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

第437回 入社はゴールではない



今回は、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員の上手な育成方法についてお尋ねしました。

まず、後藤先生がご著書の中で「入社をゴールにしていませんか」という注意を呼び掛けていますが、なぜこのような注意が必要なのかということについてお尋ねしました。これに対し、後藤先生は、顧問先の会社の多くが人手不足で悩んでいるのですが、その原因を分析していくと、入社する人が少ないからではなく、新入社員の定着率が低いということが分かったそうです。すなわち、採用には注力している会社は多いものの、採用後、新入社員が定着するのための対策は採っている会社は少ないということを指摘しているということです。

この続きは番組をお聴き下さい。



そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!







posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする