2017年06月04日

第426回 部下のやる気を育てる観る力



今回は、株式会社CHEERFUL代表取締役で、5分会議を活用した人財育成家の沖本るり子さんをお訪ねし、沖本さんのご著書「相手が“期待以上”に動いてくれる!リーダーのコミュニケーションの教科書」の中から、リーダーの部下を観る力についてお尋ねしました。

まず、リーダーは、フィードバックは客観的な事実を見て伝えるようにするとよいということでした。例えば、特に具合がわるい訳ではない部下に対して、「顔色が悪いね」と伝えると、これは、リーダーの主観を伝え、部下がギャップを感じることになりますが、「顔色が悪いように見えるけど大丈夫?」と伝えると、リーダーが部下の顔色が悪いように見えるという事実を伝えたことになり、これは否定できず、また、部下は自分を慮ってくれていると感じるようになるということです。

この続きは番組をお聴き下さい。




iemon



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

第425回 リーダーの話す力で部下は変わる



今回は、株式会社CHEERFUL代表取締役で、5分会議を活用した人財育成家の沖本るり子さんにお越しいただき、沖本さんのご著書「相手が“期待以上”に動いてくれる!リーダーのコミュニケーションの教科書」の中から、リーダー力についてお尋ねしました。

まず、沖本さんに、ご著書を書くに至った経緯についてお尋ねしたところ、沖本さんご自身も、かつて、会社勤務時代はコミュニケーション力が不足していたそうです。当時、沖本さんは、部下を、指示、命令、威圧感で動かすと思っていたそうです。そのため、部下の方たちは育たなかったり会社に根付かなかったたりしたそうです。そこで、それを改善するためコミュニケーション力を身に付けるように努めたところ、もっと早いうちにこんなことをしていればよかったということに気づいたため、そのことを本にして出版することにしたということです。

この続きは番組をお聴き下さい。



iemon


posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

第424回 伊右衛門とコカ・コーラはどちらが賢いのか



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生の新刊、「レシピ公開『伊右衛門』と絶対秘密『コカ・コーラ』、どっちが賢い?」の中から、伊右衛門とコカ・コーラはどちらが賢いのか、ということについてお尋ねしました。

まず、伊右衛門は特許を取得しているため、そのレシピは公開されているそうです。具体的には、石うすで茶葉を細かくしているということです。このレシピが公開されただけでは、直ちに同じ製品を他社でも作れるようになるわけではありませんが、石うすで茶葉を細かくするという作り方の一端が世に出たことから、「レシピ公開」という言葉を書名にいれたそうです。

この続きは番組をお聴き下さい。




iemon




posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

第423回 知財コミュニケーション力



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生の新刊、「レシピ公開『伊右衛門』と絶対秘密『コカ・コーラ』、どっちが賢い?」の中から、知財コミュニケーション力についてお尋ねしました。

新井先生は、顧問先に知財コミュニケーション力の大切さを伝えているそうです。例えば、特許を取る前にアイディアが外部にもれてしまうようなことを防ぐには、知財に関する知識と、さらに意識も必要になってくるからだそうです。とはいえ、知財を守るには、専門家の持つ知識のすべてを持つ必要はなく、10のうち、2〜3程度あれば十分であるということです。

この続きは番組をお聴き下さい。




iemon




posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

第422回 敵は身内にあり?



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生の新刊、「レシピ公開『伊右衛門』と絶対秘密『コカ・コーラ』、どっちが賢い?」の中から、アイディアの漏洩を防ぐ方法についてお尋ねしました。

新井先生は24歳のころ、タクシードライバーをしていたそうです。そのときの経験で、乗客が、生身の人間であるドライバーの新井先生がタクシーを運転していることもはばからず、商取引の重要なことがらを実名で話しているというところを見て来たそうです。タクシードライバーは、乗務中に乗客の話していたことを外に漏らしてはならにと厳しく教育されてはいるものの、人というのは、意外と秘密を他人の前でしゃべってしまうものだということを感じたそうです。ですから、知財に関する話は、社外に出たときは、どのような人が聞いているかもしれないので、お話ししないように注意して欲しいということでした。

この続きは番組をお聴き下さい。




iemon




posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする