2018年05月20日

第476回 オーストラリア産和牛




今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、日本ブランドの危機とその対処法についてお伺いしました。

新井先生によれば、日本の特許庁には“WAGYU”が商標登録されているそうですが、その指定商品はオーストラリア産和牛になっているそうです。農林水産省の定義では、和牛は、単に日本で飼育された牛、すなわち国産牛ではなく、日本で長い時間をかけて品種改良された特定の品種で、かつ、日本で飼育された牛を指すそうです。したがって、オーストラリアで育てられた和牛は、本当は和牛ではないのですが、農水省の定義に強制力はないので、いまではオーストラリアで生産された“WAGYU”が世界中に輸出されていることは既成事実になっているそうです。

この続きは番組をお聞きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

第475回 マリオカートとマリカー



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、商標と事業戦略についてお伺いしました。

新井先生によれば、「マリカー」という商標を好事例としてご著書で紹介しておられます。この商標を登録した株式会社マリカーは、公道で走ることができる規格のゴーカートと、任天堂のゲームキャラクターのマリオに似た衣装を顧客に貸し出しています。同社の顧客は、借りた衣装を着てカート車に乗り、公道を走って楽しみます。これに対して、任天堂は「マリカー」の商標登録に意義を申し立てましたが、特許庁はそれを認めませんでした。

この続きは番組をお聞きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

第474回 感覚・感触商標と立体商標



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、感覚・感触商標や立体商標などに関するエピソードについてお伺いしました。

まず、感覚・感触商標については、菊正宗酒造のカップ酒「純米樽酒」の興味深い事例があるそうです。この製品は、見た目には杉の樽酒の形をしていて、ニス加工のシュリンクで木肌の手触りを想起されるように作られています。ただし、日本の商標法では感覚・感触商標を登録できないので、この製品を米国に輸出することにともない、米国で感覚・感触商標の登録申請をすると、同社社長が霞が関のプレスセンターで発表したそうです。その結果、その発表された内容は、多くの新聞に記事として書かれたそうです。

このエピソードについて、新井先生は、もし、新聞に広告を載せるとしたら数千万円の広告料が必要になるのに、感覚・感触商標を申請するということを記事として新聞に載せてもらったので、ほぼタダで自社製品を宣伝してもらったのと同様の効果が得られたことになると考えているそうです。


この続きは番組をお聞きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

第473回 パクリ商標は悪ではない



今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、パクリ商標とはどういうものかということについてお伺いしました。

新井先生は、パクリ商標はことばから悪いイメージを持ってしまいがちですが、必ずしも悪ではないと考えているそうです。これを理解するために、新井先生から、あるTwitterの投稿をもとに、パクリに似た言葉についてご説明いただきました。


(1)バレて困るのがパクリ

(2)バレると嬉しいのがオマージュ

(3)バレないと困るのがパロディ

(4)バレたときの言い訳に使うのがインスパイア



この続きは番組をお聞きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

第472回 商標とは




今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、商標の上手な活用法についてお伺いしました。


まず、商標とはどういうものか新井先生にお尋ねしたとことろ、商標法に「この法律で、商標とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状、もしくは色彩、またはこれらの結合、音、その他政令で定めるもの」と定義されているということです。


この続きは、番組をお聴きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

第471回 知的財産管理技能士



今回は、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、商標の上手な活用法についてお伺いしました。

本題の前に、約1年前に、新井先生にお越しいただいたときに、この番組で、新井先生がお薦めする知的財産管理技能士についてご紹介したところ、リスナーの方が、すぐにその検定試験を受験し、短期間でみごと合格できたというご連絡をいただきました。新井先生によれば、例えば、財務コンサルティングを受ける会社経営者が、簿記検定試験に合格していれば、コンサルティングも円滑に進むように、知財に関してコンサルティングを受ける場合も、経営者の方が知的財産管理技能士試験に合格していれば、知財に関するコンサルティングも円滑に進むので、ぜひ、多くの経営者の方に知的財産管理技能士になっていただくことをお薦めしたいとのことでした。

この続きは、番組をお聴きください。





パクリ商標





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

第470回 第4次産業革命



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、第4次産業革命について、お伺いしました。

神谷先生によれば、第4次産業革命の定義はまだ十分に定着していないものの、IoTやAIの力を活用し、国内の企業間をネットワークでつなぎ、国全体で同じソフトを使ってデータを共通化し、品質や技術の壁を取り除き、自動発注の方法も標準化して、多品種少量生産であっても、多品種大量生産と同様の生産性を得られるくらい、生産性を飛躍的に高めることだそうです。

この続きは、番組をお聴きください。





生産管理の実務と問題解決徹底ガイド





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

第469回 ISO9000



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、ISO9000について、お伺いしました。

ISO9000(以下、ISOと記します)は、品質管理システムの国際規格です。品質管理システムとは、よい品質の製品やサービスは、工程を管理することによって生産されたり提供されたりするという考え方に基づく管理システムで、一定の要件を満たすことで、ISOの認証を得ることができます。認証を得た会社は、自社の製品の品質の高さを顧客や販売先などにアピールすることができます。

この続きは、番組をお聴きください。





生産管理の実務と問題解決徹底ガイド





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

第468回 5S活動



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、5S活動による現場活性化について、お伺いしました。

5S活動は、かつては、日本の製造業で広く取り入れられ、実践されていたそうです。また、海外でも広く知られるようになり、5Sという言葉そのものが、外国でも通じるようになっているそうです。しかし、現在は5S活動という言葉は知っているものの、実践した経験を持つ人や、具体的に何をするかわからない人も多いと、神谷先生は感じているそうです。

この続きは、番組をお聴きください。





生産管理の実務と問題解決徹底ガイド





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

第467回 製造現場の活性化



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、小集団活動による現場活性化について、お伺いしました。

神谷先生によれば、現場を活性化させるしくみとしては、小集団活動だけでなく、目標管理制度、提案制度などがあり、これらはかつての日本の製造業を支えてきたしくみであるといえると考えているそうです。しかし、現在、これらのしくみを実践していても、生産現場がうまくいっていると感じている従業員の人たちも少ないと感じているそうです。そこで、神谷先生は、これらのしくみ以外にも、何らかの活性化の方法があると考えるようになったそうです。

この続きは、番組をお聴きください。




生産管理の実務と問題解決徹底ガイド




posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする