2018年11月11日

第501回 RPAの実用化の状況



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんにお越しいただき、神谷さんのご著書「図解で分かるRPAいちばん最初に読む本」から、RPAの実用化の状況についてお伺いしました。

神谷先生によれば、RPAという言葉は2012年ころから海外で使われるようになったということです。その後、2015年ころから、銀行などの大企業を中心とした日本の会社も、海外での評判を聞きつけて、RPAについて調査したり導入したりするようになったそうです。そして、2016年の秋ころから、RPAが新聞記事として報道されるようになり、今年になってから、有望な新技術として、新聞で特集記事がでるようになったり、展示会でも多くの方の注目を浴びるようになっているようです。

この続きは番組をお聴きください。






図解で分かるRPAいちばん最初に読む本







posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

第500回 RPAとAI



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんにお越しいただき、神谷さんのご著書「図解で分かるRPAいちばん最初に読む本」から、RPAと人工知能(AI)についてお伺いしました。

神谷先生によれば、最近は、囲碁でプロ棋士を破った人工知能が登場するなど、人工知能の発展が目覚ましいということを多くの方が実感しており、そこで、RPAと人工知能も関係があるというように考えることは当然であろうということです。そして、それはその通りであり、これまで人が手作業で行っていた仕事を、RPAで行わせようとするとき、まさに人工知能が活用できる、すなわち、人工知能の活用法のひとつがRPAと言えるということだそうです。

この続きは番組をお聴きください。






図解で分かるRPAいちばん最初に読む本







posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

第499回 RPAの概要




今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんにお越しいただき、神谷さんのご著書「図解で分かるRPAいちばん最初に読む本」から、RPAについてお伺いしました。

まず、神谷先生にRPAとはどういうものかということについてお尋ねしました。このRPAとは、Robotic Process Automaitonの略語ということですが、現時点では明確な定義は固まっていないそうです。そこで、神谷先生のご著書では「従来は人間のみが行うことができると考えられていた事務作業を代行する高度化したソフトウェア群、およびそれらの行為を利用した業務改革手法」と定義しているそうです。

この続きは番組をお聞きください。






図解で分かるRPAいちばん最初に読む本







posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

号外 クリアファイルプレゼントのお知らせ



「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」の表紙をデザインした、A5サイズのクリアファイルを作成しました。このファイルが欲しいという方には、在庫のある限りプレゼントいたします。ご希望の方は、こちらの申込フォームにお名前等を入力してお申し込み下さい。→[申込フォーム]

お申込みをいただいた方には、お申し込み後、1週間以内にファイル3枚を発送します。なお、在庫がなくなり次第、プレゼントは締め切らせていただきます。また、ご応募いただいた方には、メールマガジン等を配信させていただきますので、あらかじめご了承ください。




クリアファイル
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

号外 松下雅憲さんの特別メッセージプレゼントのお知らせ



平成30年8月から10月にわたってこの番組にご出演いただいた、経営コンサルタントの松下雅憲さんから、どうすればスタッフが辞めないお店がつくれるかということについて、多くのノウハウをお教えいただきましたが、さらに、スタッフが辞めないお店をつくるための実践的なポイントについて、特別メッセージをいただきました。

松下さんによれば、スタッフが辞めないお店を作るには、どうすればよいかという方法を知ることが最初のステップになりますが、その知識だけでは、スタッフが辞めないお店を作ることはなかなか難しいそうです。では、どうすればよいのかということについて、松下さんは、2つのポイントがあるとお話しされておられます。

このメッセージの本編をお聴きしたいという方は、申し込みフォームに、お名前、電子メールアドレスなどをご記入いただきお申し込みをしていただきたいと思います。→【申し込みフォーム】







店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

第498回 NGワード



今回も、経営コンサルタントの松下雅憲さんにお越しいただき、松下さんのご著書「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」から、NGワードについてお伺いしました。

前回、松下さんからお教えいただいた、仕事の満足6ステージのうち、第4ステージの成長の段階にあるとき、店長が、つい、無神経にNGワードを口にしてしまい、スタッフのやる気をなくしてしまうことがあります。そこで、このようなこと起きないように、NGワードを別の言葉に言い換えるようにするとよいということです。

この続きは番組をお聞きください。






「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣」






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

第497回 仕事の満足6ステージ



今回も、経営コンサルタントの松下雅憲さんにお越しいただき、松下さんのご著書「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」から、仕事の満足6ステージについてお伺いしました。

松下さんは、かつて、従業員満足度をパーセンテージで調査したことがあるそうです。しかし、従業員満足度が高くても、それが必ずしも顧客満足度につながっていないことが多く、それをずっと疑問に感じていたそうです。その後、調査を深めていって、従業員満足度を、パーセンテージではなく、6つのステージでとらえることによって、どうすれば従業員満足度を顧客満足度につなげることができるかということが分かるようになったそうです。

この続きは番組をお聞きください。






「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣」






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

第496回 辞めるスタッフへの上手な対応



今回も、経営コンサルタントの松下雅憲さんにお越しいただき、松下さんのご著書「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」をもとに、スタッフの退職時の上手な対応方法についてお伺いしました。

まず、松下さんは、スタッフが退職するときは、必ず退職するスタッフと面談することをお薦めしているそうです。退職者と面接する理由は、在職中には言えなかった、職場環境の改善して欲しいところを教えてもらうためです。退職者から聴く要望は、話を聴く店長にとって耳が痛くなる内容もありますが、それは店長にとって貴重な情報であり、現在勤務している人の離職を防ぐためにとても役立つものになるということです。

この続きは番組をお聞きください。






店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

第495回 プライベートとチームワーク



今回も、経営コンサルタントの松下雅憲さんにお越しいただき、松下さんのご著書「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」をもとに、スタッフのプライベートの上手な管理の方法についてお伺いしました。

飲食店において、スタッフのプライベート管理は、店長にとっては難しいことであり、中には、まったく関わろうとしない店長もいるそうです。確かに、深く関わり過ぎてしまうことも問題ですが、まったく関わらないということも円滑な店舗運営ができないので、ほどほどの関わりをもつことが大切だと松下さんはお話しされておられます。もし、店長がスタッフのプライベートにまったく関わっていないと、スタッフとお客さまとの間においても、仕事は仕事と割り切った接し方になってしまうので、それを避ける意味からも、適度なかかわりが大切ということです。

この続きは番組をお聞きください。






店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

第494回 従業員満足度で利益を得るためのしかけ




今回も、経営コンサルタントの松下雅憲さんにお越しいただき、松下さんのご著書「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」をもとに、従業員満足度をどのように顧客満足度と利益向上につなげるのかということについてお伺いしました。

松下さんによれば、「従業員満足度が高まれば、顧客満足度が高くなり、利益も増加する」と、単純に説明している専門家がいますが、実際には、それほど単純ではないということです。そこで、利益が得られると同時にスタッフが成長を感じるように(=従業員満足度が高くなる)仕組みを作ることが必要になるということです。

例えば、単価が高いけれどもお薦めのメニューがあるとき、「こちらのメニューは、入手がむずかしい食材が使われていますが、いかがですか?」という提案をスタッフに実践させてみて、それが奏功すれば、利益が増えるし、スタッフも、自分が顧客に提案ができるようになったと成長を感じることになり、従業員満足度が高まるということです。


この続きは番組をお聞きください。






店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする