2019年02月17日

第515回 部下にコーチングするための考え方



今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、部下にコーチングするための考え方についてお伺いしました。

まず、中城さんはご著書の中で「部下はその人の中で最善を尽くしている」と書かれており、そのことについてお伺いしました。中城さんによれば、中小企業では、社長は仕事のスキルが最も高いし、上司も部下よりもスキルが高いので、上職者の目線で部下の仕事の出来栄えを見ると、より高い成果を求めてしまったり、怠けているのではないかと感じてしまうこともあるそうです。しかし、よほどのことがない限り、人は故意に手抜きをすることは考えにくく、上職者が満足しない場合があるとしても、その人にとっては最善を尽くしていると考えることが妥当ということです。

この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

第514回 プライドの高い部下



今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、プライドの高い部下への対処法についてお伺いしました。

中城さんによれば、職場には、仕事に関するスキルが未熟でもあるにもかかわらず、プライドの高い部下はまま見ることがあり、中城さんご自身も、かつて会社員時代は、プライドが高い従業員であったということです。では、なぜ、そのような人はスキルが未熟でありながらプライドが高いのかというと、自分に対して自信がないために、安心したい欲求が強く、高いプライドを持とうとしているということです。

この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

第513回 根源的な6つの欲求




今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、根源的な6つの欲求についてお伺いしました。

中城さんによれば、世界的に著名なメンタルコーチであるアンソニー・ロビンスは、「人間には6つの欲求があり、人間のすべての行動は6つの欲求に紐づいている」と説いているそうです。そこで、この6つの欲求を理解していると、どの欲求を満たせばどの行動を引き出せるかということも分かるようになるので、コーチングも容易になるそうです。

この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

第512回 ラポールの原則




今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、ラポールの原則についてお伺いしました。

中城さんは、コーチングを習得しようとしている方に対しては、コーチとコーチを受ける方の間に、必ずラポールがある状態にしなければならないとお教えしているそうです。このラポールとは、「潜在意識の同調」のことで、言いかえれば、お互いが信頼関係がある、または、お互いが心を開いている状態であることを指すそうです。このような状態でないと、コーチを受けている人がコーチからの働きかけを受け入れられなくなってしまうそうです。


この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

第511回 パッシブリスニングとアクティブリスニング



今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、上司が部下と上手にコミュニケーションを行う方法についてお伺いしました。

中城さんによれば、コーチングの基本はまず相手の話を聴くことだそうです。とはいえ、5分間、黙って相手の話を聴くことができる人は少ないそうです。部下の指導というと、上司がどういう話をすればよいかということに焦点が行きがちですが、まず、部下が話しやすいように話を聴くことが大切ということでした。この話の聴き方には、いわゆる普通の聴き方であり、聴き手が受け身となって話を聴くパッシブリスニングと、聴き手が働きかけをするアクティブリスニングがあるそうです。


この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする