2020年10月04日

第600回 アイディア創出・会議で使えるフレームワーク



今回も、中小企業診断士の福島正人先生にお越しいただき、神谷先生の新刊、「図解でわかるビジネスフレームワークいちばん最初に読む本」に関し、アイディア創出・会議で使えるフレームワークについてお尋ねしました。

まず、福島先生は、弁証法をお薦めしたいそうです。福島先生も、かつては、弁証法は哲学的でむずかしそうだというイメージを持っていたそうですが、田坂広志さんの書いた「使える弁証法」という本をを読んで、ビジネスでも使える方法だ考えるようになったそうです。具体的には、対立するテーゼとアンチテーゼを、両立、統合するような方法、すなわち、ジンテーゼを探すというフレームワークです。

この続きは番組をお聴きください。






図解でわかるビジネスフレームワークいちばん最初に読む本



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。