2020年08月23日

第594回 問題解決手法の歴史から見えてくるもの



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生の新刊、「すぐに役立つ!問題解決手法の基本と活用法」に関し、問題解決経手法の歴史についてお尋ねしました。

神谷先生は、「すぐに役立つ!問題解決手法の基本と活用法」を執筆するにあたって、現在、使われている多くの問題解決手法を俯瞰して理解してもらうために、それぞれ、いつ提唱されたのか、どういう順番で開発されたのかを整理してまとめ、同書の第5章「問題解決手法の歴史から見えてくるもの」として執筆したそうです。

例えば、SWOT分析の歴史は意外と古く、1950年〜1970年から使われているそうです。この、開始時期に20年の幅があるのは、現在使われているようなSWOT分析になるまでに、20年程度の期間をかけて改良されていったからだそうです。その結果、SWOT分析は、PEST分析、ファイブフォース分析、バリューチェーン分析、VRIO分析などの環境分析を統合する分析手法になっているそうです。



この続きは番組をお聴きください。




すぐに役立つ!問題解決手法の基本と活用法
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。