2020年01月12日

第562回 経営者保証ガイドラインの活用法



今回も、中小企業診断士の上野光夫先生にお越しいただき、経営者保証ガイドラインの活用法についてお尋ねしました。

業歴の長い中小企業は、銀行から融資を受けるときは、個人保証は当然と考えている傾向がありますが、これからは、新たに融資を受けるときは、「経営者保証ガイドラインにしたがって、保証なしで融資を受けたい」ということを伝えるとよいということです。

上野先生ご自身も、金融機関勤務時代は、融資をするときは社長の個人保証を受けることは当然と考えていましたが、現在は、金融機関側も、経営者保証ガイドラインにしたがって、個人保証が不要と思われる場合は、保証なしの融資を積極的に行うべきだと考えているそうです。

この続きは番組をお聴きください。






社長の一流、二流、三流






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。