2019年12月22日

第559回 一流の財務マネジメント



今回は、中小企業診断士の上野光夫先生にお越しいただき、上野先生の新刊、「社長の一流、二流、三流 」から、財務マネジメントについてお尋ねしました。

まず、上野先生のご著書から、財務マネジメントについてお尋ねしました。上野先生のご著書によれば、三流の社長はどんぶり勘定でさっぱりわからず、二流の社長は税理士に任せ切り、一流の社長は収益構造・資産負債状況・資金繰を注視していると、述べておられます。そして、上野先生は、多くの経営者は数字(会計)を苦手にしており、自社の財務状況についてきちんと把握できておらず、この点を改善し、正確に自社の状況を把握できるようにすることが大切だということです。

この続きは番組をお聴きください。






社長の一流、二流、三流






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。