2018年11月04日

第500回 RPAとAI



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんにお越しいただき、神谷さんのご著書「図解で分かるRPAいちばん最初に読む本」から、RPAと人工知能(AI)についてお伺いしました。

神谷先生によれば、最近は、囲碁でプロ棋士を破った人工知能が登場するなど、人工知能の発展が目覚ましいということを多くの方が実感しており、そこで、RPAと人工知能も関係があるというように考えることは当然であろうということです。そして、それはその通りであり、これまで人が手作業で行っていた仕事を、RPAで行わせようとするとき、まさに人工知能が活用できる、すなわち、人工知能の活用法のひとつがRPAと言えるということだそうです。

この続きは番組をお聴きください。






図解で分かるRPAいちばん最初に読む本







posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。