2017年10月29日

第447回 飲食店の事業展開



今回も、中小企業診断士の山岡雄己先生にお越しいただき、山岡先生のご著書「飲食店『のれん分け・FC化』ハンドブック」の中から、飲食店の事業展開についてお尋ねしました。

山岡先生によれば、飲食店は多店舗化する以外にも事業展開する方法がいくつかあるということです。例をあげると、半製品や原材料を同業者に販売する、開業の支援をする、屋号や店名を他者に使わせる、店舗をサブリース(転貸)する、ノウハウを伝授する教室を開くなどです。これらは本格的な多角化まで行わないものの、リスクを抑えて現在の事業の幅を少し広げて収益機会を得る方法としてお薦めするということです。


この続きは番組をお聴きください。






飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。