2017年10月08日

第444回 受け入れるのではなく受け止める



今回も、社会保険労務士の後藤功太先生にお越しいただき、後藤さんのご著書「そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!」の中から、新入社員への承認によるモチベーションの向上についてお尋ねしました。

まず、後藤先生は、新入社員へは「存在」「行動」「成果」の承認をするとよいということでした。存在の承認とは、新入社員が会社の一員であること、社会人であることを会社として認めてあげるということです。行動承認とは、新入社員が指示されたことをきちんと行動を起こしているということを認めてあげることです。成果承認とは、当初は、なかなか顕著な実績はあげられませんが、行動の結果として現れた細かな成果を認めてあげるということでした。このような承認をしてあげることで、新入社員の士気を高めることが大切だということです。

この続きは番組をお聴きください。




そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。