2017年06月04日

第426回 部下のやる気を育てる観る力



今回は、株式会社CHEERFUL代表取締役で、5分会議を活用した人財育成家の沖本るり子さんをお訪ねし、沖本さんのご著書「相手が“期待以上”に動いてくれる!リーダーのコミュニケーションの教科書」の中から、リーダーの部下を観る力についてお尋ねしました。

まず、リーダーは、フィードバックは客観的な事実を見て伝えるようにするとよいということでした。例えば、特に具合がわるい訳ではない部下に対して、「顔色が悪いね」と伝えると、これは、リーダーの主観を伝え、部下がギャップを感じることになりますが、「顔色が悪いように見えるけど大丈夫?」と伝えると、リーダーが部下の顔色が悪いように見えるという事実を伝えたことになり、これは否定できず、また、部下は自分を慮ってくれていると感じるようになるということです。

この続きは番組をお聴き下さい。




iemon



posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック