2017年03月26日

第416回 減価償却の注意点



今回は、税理士の北川知明先生にお越しいただき、北川先生の新刊、「小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本」の中から、減価償却についてお尋ねしました。

まず、減価償却費の計算については、会計ソフトで計算できるので、それほど負担にはならなくなっているということでした。ただ、どの資産をどのように減価償却するかということは前もって決めることが必要だということです。減価償却の主な方法は、定額法と定率法があり、税法上は、建物・建物付属・構築物は原則として定額法、車両運搬具・機械装置・工具器具備品などは定率法となっています。

この続きは番組をお聴き下さい。



小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本





posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック