2017年02月19日

第411回 IoTと暮らし



今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生の新刊、「図解でわかるIoTビジネスいちばん最初に読む本」の中から、IoTの家庭での利用についてお伺いしました。

私たちの生活で利用されているIoTの例として、HEMS(Home Energy Management System)があるそうです。これは、家庭の電気製品をIoTでつなぐしくみで、HEMSによって効率的な電気の使い方がわかるようになるそうです。

このように、暮らしで私たちが使うものをIoTでつなぎ、それをデータとして提供することで、まず、自分自身に有益な情報が得られるだけでなく、社会全体にも有益な情報を提供できるようになるということでした。

この続きは番組をお聴き下さい。



図解でわかるIoTビジネスいちばん最初に読む本
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック