2013年09月01日

第230回 中小企業の海外進出(4)




今回も、税理士の原尚美先生にお越しいただき、中小企業の海外進出に関して、カンボジアの状況についてお尋ねしてきました。

同国には韓国や中国の会社の進出は多い反面、日本の会社の進出は少ないそうです。原先生がカンボジアの子供に会ったとき、原先生を韓国の方と勘違いし、原先生の前で韓国の歌を歌い出すくらい、同国では韓国の方が多く見られるそうです。

しかし、カンボジアの方々は、韓国や中国の製品よりも日本製品を好むなど、日本志向の人が多く、日本の会社が進出し易い環境にあるそうです。

続きは番組をお聴きください。
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック