2019年07月28日

第538回 上手な起業のしかた



今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しいただき、脇田先生のご著書、「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」の中から、上手な起業のしかたについてお尋ねしました。

脇田先生ご自身は、3年前に税理士として開業されたそうですが、自宅で開業したため、事務所の家賃は不要であり、初期費用もパソコンの代金20万円程度だけですんだので、開業時点で顧客ついていない、すなわち売上がなくてもスタートすることができたそうです。

しかし、歯科医や飲食店など、開業時点で設備や従業員が必要な場合は、イニシャルコストが大きく、一般的には借入をしなければならないほか、家賃や給与の支払い、すなわち固定費が発生するので、開業当初にあまり売上が得られなくてもある程度は事業を維持できるようにするための自己資金が必要になります。

この続きは番組をお聴きください。





ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

第537回 上手な税金の節約法



今回は、税理士の脇田弥輝先生をお訪ねし、脇田先生のご著書、「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」の中から、上手な税金の節約方法についてお尋ねしました。

脇田先生によれば、まず、中小企業が税金を節約する方法として、倒産防止共済掛金を納める方法があるそうです。これは、顧客が倒産したことなどにより、売掛金が回収不能になったり、受取手形が不渡りになったときに、その金額と同額の融資を受けることができる共済制度です。(ただし、融資額は、それまでの掛金の10倍か、8,000万円までのいずれか少ない額が限度です)この共済制度は、決算月に最高240万円を納めることができ、全額が損金として認められます。

この続きは番組をお聴きください。





ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本






posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

第536回 上司と部下の関係づくり



今回も、中小企業診断士の庄司桃子先生をにお越しいただき、上司と部下の関係を良好に維持する方法についてお尋ねしました。

庄司先生は、人事アセスメント(管理職になろうとする会社員の適性を見るための研修)を行って来ている中で、部下の能力が伸びるかどうかは上司の資質によるところが大きいということを感じているそうです。すなわち、部下の能力を引き出すことができる上司は、自分の方針は持ちつつも、あまり仕事にのめり込まずに、部下に仕事をどんどん委ねているそうです。例えば、自分は一歩引いたところで部下をずっと監察し、意見を引き出したり、助言をしたり、激励をしたりすることに徹しているそうです。

この続きは番組をお聴きください。
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

第535回 5Sで事業を改善する



今回も、中小企業診断士の庄司桃子先生をにお越しいただき、5S活動についてお尋ねしました。

庄司先生は、大学ご卒業後、最初に勤めた衣料品量販店で、当時は流通業での導入は珍しかった5Sを教えられたそうです。5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つのSを実践することですが、この5Sを実践している会社は、業績もよく、銀行からの信用も高くなるということです。

5Sを実践すると、職場に不要なものがなくなり、仕事が効率的にできるという物理的な効果もありますが、きれいな職場で仕事をすることによって、そこで働いている人のメンタル的な面でもプラスに作用することが実感できるそうです。

この続きは番組をお聴きください。
posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする