2019年01月27日

第512回 ラポールの原則




今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、ラポールの原則についてお伺いしました。

中城さんは、コーチングを習得しようとしている方に対しては、コーチとコーチを受ける方の間に、必ずラポールがある状態にしなければならないとお教えしているそうです。このラポールとは、「潜在意識の同調」のことで、言いかえれば、お互いが信頼関係がある、または、お互いが心を開いている状態であることを指すそうです。このような状態でないと、コーチを受けている人がコーチからの働きかけを受け入れられなくなってしまうそうです。


この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

第511回 パッシブリスニングとアクティブリスニング



今回も、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、上司が部下と上手にコミュニケーションを行う方法についてお伺いしました。

中城さんによれば、コーチングの基本はまず相手の話を聴くことだそうです。とはいえ、5分間、黙って相手の話を聴くことができる人は少ないそうです。部下の指導というと、上司がどういう話をすればよいかということに焦点が行きがちですが、まず、部下が話しやすいように話を聴くことが大切ということでした。この話の聴き方には、いわゆる普通の聴き方であり、聴き手が受け身となって話を聴くパッシブリスニングと、聴き手が働きかけをするアクティブリスニングがあるそうです。


この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

第510回 ビジネスに活かすコーチング




今回は、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、ビジネスでのコーチングの活用法についてお伺いしました。

まず、中城さんがなぜ経営者向けのコーチングの本を書こうと思ったのかお尋ねしたところ、中城さんが約12年間、ビジネスコーチとして多くのビジネスパーソンのお話をきいてきたところ、コーチング業界では当然のこと考えられている手法が、ビジネスパーソンの方から見れば斬新的と受け止められることが多く、その内容をより多くの方に知っていただきたいと思ったことから、筆をとることにしたそうです。

この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

第509回 アイディアのつくり方




今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生の新刊、「iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家」の中から、アイディアの出し方についてお伺いしました。

新井さんによれば、アイディアに関し、米国の広告業界の実業家である、ジェームス・W・ヤングが、「アイディアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」という言葉を残しているそうです。新井さんもこの言葉は的確であると考えており、アイディアはまったく新しいものを作っているようで、実は、2つ以上の既存の要素の組み合わせになっているそうです。

この続きは番組をお聴きください。






iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家










posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする