2019年01月13日

第510回 ビジネスに活かすコーチング




今回は、ビジネスコーチの中城卓哉さんにお越しいただき、中城さんの新刊「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」から、ビジネスでのコーチングの活用法についてお伺いしました。

まず、中城さんがなぜ経営者向けのコーチングの本を書こうと思ったのかお尋ねしたところ、中城さんが約12年間、ビジネスコーチとして多くのビジネスパーソンのお話をきいてきたところ、コーチング業界では当然のこと考えられている手法が、ビジネスパーソンの方から見れば斬新的と受け止められることが多く、その内容をより多くの方に知っていただきたいと思ったことから、筆をとることにしたそうです。

この続きは番組をお聴きください。









すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法











posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」プレゼントのお知らせ

この番組にゲスト出演いただいている、ビジネスコーチの中城卓哉さんの新刊、「すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法」を先着10名の方にプレゼントいたします。

ご希望の方はこちらの応募フォームからお申し込みください。→【プレゼント応募フォーム】

なお、お申し込みいただいた方には、メールマガジンを配信させていただきますので、あらかじめご了承ください。

また、このプレゼントは、10名の応募があった時点か、平成31年3月31日で終了いたします。





すぐに役立つ!コーチングの基本と活用法




posted by くろちゃん at 23:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」発売のお知らせ



この番組の制作者の六角明雄の新刊「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」が29年3月に発売されました。


お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!
【Amazonで注文する】



図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本


起業することが容易になり、経営に関心をもつ人も増えてきましたが、その一方で「経営とは何か?」という問いに答えられる人は意外と多くありません。そこで、本書が助け舟。経営理論の基礎知識や、経営者の役割、会社組織のしくみから、経営管理の手法や、主な経営戦略、実践的なマーケティングの知識まで、豊富なイラスト図解とわかりやすい解説で「経営の基本」を網羅。まず、この本を読めば、経営に関する専門書だって、しっかり理解することができます。会社の経営者や役員、幹部はもちろんのこと、ビジネススキルはもっているがマネジメントスキルも身につけたいビジネスパーソンや、これから起業を考えている人、企業のコンサルタントに携わる人、経営のしくみを勉強したい人にもスグに役立つ、入門経営書の決定版です!


お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!
【Amazonで注文する】



【本書の構成】

§1 会社のしくみと経営の基礎知識

§2 会社の「組織」のしくみと実践的な考え方

§3 組織管理のしかたと従業員教育の方法

§4 経営管理と経営計画のすすめ方

§5 会社が生き残るための成長戦略と競争戦略

§6 マーケティングのしくみと実践的活用法

§7 経営に役立つ財務管理のしかた



お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!
【Amazonで注文する】






posted by くろちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサルティングおよびセミナーをうけたまわります!

この番組のキャスターの六角明雄が代表を務める、中小企業診断士六角明雄事務所では、コンサルティング、セミナーおよびご相談などをうけたまわっています。

融資申請・事業計画作成・幹部育成などに関するご支援のご要望があれば、専用フォームから、ぜひお寄せいただきたいと思います。

また、六角の著書をテーマとするセミナーについても随時うけたまわっておりますので、こちらも同様に専用フォームからお申込みください。


六角の著書

図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本 図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最初に読む本 図解でわかる小さな会社の経営に活かす会計いちばん最初に読む本

図解でわかるリースの実務いちばん最初に読む本 小さな会社の経営戦略いちばん最初に読む本 図解でわかる在庫管理いちばん最初に読む本


ご支援等のご依頼はこちらからお寄せください。

【ご支援等受付専用フォーム】


posted by くろちゃん at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご質問・ご要望をお待ちしております。

この番組では、放送の中でリスナーの方からのご質問に回答するコーナーを設けています。

会計・融資・税金などに関するご質問があれば、専用フォームから、ぜひお寄せいただきたいと思います。


また、よりよい番組作りのために、リスナーのみなさんのご意見・ご要望もお待ちしております。


ご質問・ご要望ともに、こちらからお寄せください。

【ご質問・お問い合わせ受付専用フォーム】




にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
posted by くろちゃん at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポッドキャスト専用メールマガジンのご案内

ポッドキャストリスナーの方へ専用のメールマガジンを、毎週月曜日の朝7時に配信しています。

メールマガジンでは、放送の内容を文字で解説しており、放送とあわせてご購読いただくことで、理解がより深まります。

ぜひ、こちらからお申込ください。

【メールマガジン申し込みフォーム】


 なお、以下の場合、正しく配信されないことがあります。
(1)無料メールサービスのメールアドレスを登録した場合。
(2)携帯電話のメールアドレスで、ドメイン制限などを設定している場合。
フォーム記入後自動返信メールが届かない場合は、rokkaku@yuushi-zaimu.netへご連絡くださるようお願いします。
posted by くろちゃん at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポッドキャストの聴き方

●ブログから聴く場合
 音声ファイルのバー(横長の四角の表示)の右のほうにある、丸に囲まれた右向きの三角形のマークを押してください。
 音声の再生が始まります。

●音声をパソコンに取り込んで聞く場合

 音声ファイルのバーの右のほうにある、[DL]という表示を押してください。
 その後現れる画面の指示に従ってください。

●iTunesで聴く場合
 下のバナーを、iTunesにドラッグアンドドロップしてください。
これをiTunesにドラッグしてください。

 ドラッグアンドドロップがうまくいかない場合は、次のURLにアクセスして説明を読んでください。
http://podcast.seesaa.net/article/4928328.html
http://podcast.seesaa.net/article/4928353.html
http://podcast.seesaa.net/article/32604625.html

 この説明を読んでもよく分からない場合は、電子メールで連絡してください。お互いに都合のつく日時を調整し、その時刻にお電話をして聴き方をご説明いたします。
電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net
posted by くろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第509回 アイディアのつくり方




今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生の新刊、「iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家」の中から、アイディアの出し方についてお伺いしました。

新井さんによれば、アイディアに関し、米国の広告業界の実業家である、ジェームス・W・ヤングが、「アイディアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」という言葉を残しているそうです。新井さんもこの言葉は的確であると考えており、アイディアはまったく新しいものを作っているようで、実は、2つ以上の既存の要素の組み合わせになっているそうです。

この続きは番組をお聴きください。






iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家










posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

第508回 専用実施権の活用



今回は、弁理士の新井信昭先生をにお越しいただき、新井先生の新刊、「iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家」の中から、iPod特許侵害訴訟から学ぶべき点についてお伺いしました。

新井さんによれば、斎藤さんのような、世にあっと言われるような独創的な発想をする発明家は、必ずしも、高い偏差値の難関大学を卒業した方とは限らず、あらゆる層に一定割合存在すると考えているそうです。しかしながら、齊藤さんも、いくつかの大企業にご自身の発明を使って欲しいと依頼しているにもかかわらず、ことごとく断られているそうです。

しかし、すばらしい発明は、会社で雇用した優秀な人からだけでなく、社外にも存在するという前提で、大企業は個人発明家に接するべきだと新井さんは考えているそうです。そうすることで、個人発明家がライセンス料を受け取る機会が増えれば、個人発明家がさらによい発明のために努力をするので、それは、個人発明家と大企業の双方にとってメリットとなるということです。


この続きは番組をお聴きください。






iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家










posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

第507回 iPod特許侵害訴訟の問題点



今回は、弁理士の新井信昭先生をお訪ねし、新井先生の新刊、「iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家」の中から、新井先生が同書がレポートした斎藤さんの訴えを通して、裁判所は特許をあまり重んじていないのではと感じたことについてお伺いしました。

新井さんによれば、斎藤さんの訴えによって、裁判所はアップルが斎藤さんの特許を侵害していることを認めたものの、その損害額の推定については、新井さんはあまり納得できるものではないと感じているそうです。特許法第102条では、斎藤さんが本来もらえるはずであった特許のロイヤルティを、損害額と推定すると規定されているそうです。その損害額は、売上額×比率(実施料率)で計算され、例えば、1,000円の製品のロイヤルティの比率を販売額の10%とすれば、100円となります。そして、この損害額を推定するために、特許法第105条で、書類を提出することが義務付けられています。

この続きは番組をお聴きください。






iPod特許侵害訴訟ーアップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家










posted by くろちゃん at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする